無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

226
2019/03/13

第9話

・・・3
学校
さやか
昨日は楽しかったなー!!
あなた

そだねー

さやか
芸能人に会えたんだから少しは喜びなよ!
あなた

はいはいはい

その芸能人に朝から会ってきました☆
さやか
もう一回会えないかなあああああ
あなた

コンサート行くしかないんちゃう?

さやか
やんなぁ
さやかにあのことって言ってもいいのかな






廉side


がっこうおわったー!
仕事いかな
楽屋
海人
昨日
玄樹
ほんとにね!
勇太
可愛い子いたし
紫耀
名前忘れちゃった
えっと…
優太
ボール直しに行ってた子?
紫耀
そうそう!
あなた?
紫耀
えなんで覚えてるの!
話したから
海人
あの子さジャニーズ興味なさそうだったよね
玄樹
全然誰かわからなさそうな顔してた笑
勇太
でもめっちゃ可愛かった
優太
俺も喋ればよかった!
紫耀
えてか、廉その子と話すって気に入ったの?あなた?ちゃんのこと
え、あーまー
変わった子やなって
King & Prince
-廉))フゥー!
なんやねん!それ
あと、家隣やし?マンション
King & Prince
-廉))  はっっっ!?
なんか、隣やった
たまたまやで!?別に合わせたとかちゃうで!?
紫耀
え?がち?
海人
えー俺れんの家行って、ついでにあなたちゃんの家行きたーい
話してないくせに?
海人
いーじゃん!
玄樹
でも急に行ったら迷惑でしょ?
勇太
廉聞いといて?
結局行くんかい