プリ小説

第16話

じゅうろく
朝起きると、
背中に何かが抱きついている。
中間淳太
え…?
首だけ少し向けてみると、
抱きついていたのはあなただった。
中間淳太
あなた…?
あなた

ん…

あなた

淳太君…

中間淳太
やっぱ、かわええな。
あなた

ん、

あなた

おはよぉー。

あなた

あ!ごめん!

中間淳太
あ、いや、
あなた

私、抱き枕がないと寝られなくなっちゃってw

中間淳太
そうなんw
あなた

ごめん!

中間淳太
いや、平気やし。
ピーンポーン
桐山照史
淳太君ー!
桐山照史
そろそろ行くでー!
中間淳太
あっ、やば!
あなた

え?

中間淳太
今日ヒル◯◯デスの収録やねん。
中間淳太
照史!
中間淳太
先に下に降りといて!
桐山照史
分かったー!
あなた

私、どうすれば。

中間淳太
えっと、
中間淳太
俺、先に降りるから、ちょっと経ったら降りてきて。
あなた

お金は…?

中間淳太
そんなん、あなたが払わなくてもええって。
中間淳太
俺が払うから。
あなた

え…いいんですか?

中間淳太
ええから、じゃあ。
中間淳太
ごめんな、ドタバタして。
あなた

ううん、今度何かお礼するね。

中間淳太
じゃあ、また俺と会ってくれへん?
あなた

え、そんなのでいいの?

中間淳太
おん、
中間淳太
じゃあ、また連絡するわ。
あなた

うん。

あなた

淳太君、ありがと…

バタン

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

N・J◢
N・J◢
ジャニーズ・坂道オタク。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る