プリ小説

第46話

よんじゅうご
あなた

このまま、

あなた

東京帰ろ。

私はそう決意した。
カバンの中からスマホを取り出し、
淳太君以外のメンバーから一人選んで、
メールを送った。
選んだのは、
照史君。
照史君に、
『照史君へ。

あなたです。私、東京帰ろうと思う。
あのマネージャーさんに、耐えられなくなったからです。
一年前みたいになっちゃってごめんね。
照史君から、みんなに伝えて欲しいな。
よろしくね!』
メールを書いて、
送信
した。
あなた

よし。

私は空港に向かって、
歩き出した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

N・J◢
N・J◢
ジャニーズ・坂道オタク。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る