無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

.


今日は親友であり、相棒である朱音とお買い物デート()です!


……なんだけど



現在時刻 14:00
集合時間 13:30



朱音さん、30分の大遅刻です!

僕振られたみたいな感じになってる
周りの人の視線が痛いよー(´;ω;`)

(なまえ)
あなた
(早く来いよー!)




一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
あなたー!
ごめーん!!遅れたー!
(なまえ)
あなた
朱音ー!
今何時だと思う?(*^^*)
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
……14時5分です
(なまえ)
あなた
集合時間は?
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
13時30分……
(なまえ)
あなた
(^ω^╬)
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
い、言い訳をさせてください!
(なまえ)
あなた
うむ、
聞くだけ聞いてやろう
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
ありがとうございます!
(なまえ)
あなた
で?
なぜ遅れた?
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
お兄ちゃんに絡まれてました!
(なまえ)
あなた
よし
粛清
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
え!?
なんで!?
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
正直に言ったでしょー!( ;꒳; )
(なまえ)
あなた
うっさい!
羨ましいんじゃー!
(なまえ)
あなた
朝から彼方と話せるなんて!
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
……それただの嫉妬じゃ………
(なまえ)
あなた
そうだけど何か?
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
うわぁー
開き直ってやがる
(なまえ)
あなた
あ゛?
今日はお前に人権あるとは思うなよ?
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
えぇ!?
なんでー!!?
(なまえ)
あなた
は?(*^^*)
なんでじゃねぇだろぉがよぉ
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
(^ω^;)ヒュ
(なまえ)
あなた
僕がどれだけ待ったと思ってる!
周りの視線すっごい痛かったんだぞ!
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
はい、、、
もうほんっと、
すみません(í _ ì)
(なまえ)
あなた
はぁ、次はないからね?
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
はい!
(なまえ)
あなた
よし!行こー!
一ノ瀬朱音
一ノ瀬朱音
おー!