無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

(1話完結)ころんのすとぷりショップ訪問
はいどうもころんです。(小声)
いま、すとぷりショップに向かっています(小声)
はいここで企画紹介っ(小声)
じゃん(小声)
ーころんが変装をして現れたらバレるのかー
ライブで僕の顔見た人いると思うんですよ(小声)
それでバレるのかどーか(小声)
ここからはあまり喋らず(小声)
行きたいと思います(小声)
ころん
ころん
(すげぇ列)
ス「こちら最後尾です」
ころん
ころん
ここか
「抽選当たるかなー、」



「私たち運悪いもんねーw」
ころん
ころん
抽選なのか
ころん
ころん
僕当たんなかったら企画終わりじゃんっ
「ねえねえ男の人いるー」



「ほんとだ珍しいー」
「ワンチャンすとぷりメンバーw」


ころん
ころん
ドキッ
「えー?ブスくなあーい?」
ころん
ころん
ブッ!?
「確かにーwww」
「てかさー、転売目的かもよー?」
「えーそれは無いわ」
ころん
ころん
そうそう無い無い
「そしたらぶっ殺w」
「さすが黒帯www」
ころん
ころん
く✩ろ✩お✩び✩!?!?
「だってメンバーに失礼でしょ」
「てかもり子誰推しだっけ?」
「そりゃもちろん」
ころん
ころん
「なーくん」
「あだよねーw」
ころん
ころん
(・д・)チッ
「私はジェルくん❤」
「イケボだよねー」
ころん
ころん
変態と組長か
「1番ないのはー」
ころん
ころん
えっ
「「「ころちゃん!!」」」
「だよねーwwwwwww」
ころん
ころん
そんなぁ…
………………………………………
結局抽選当たらなくて
嫌な気持ちになっただけで帰ってきました
なんだよ1番ないって( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)
僕だって頑張ってるのに…



ヤケ酒だああ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)
ピロリン
◀︎                  すとぷりグル                ▼📞
ジェル 「やっぱ1番ないのはー」

ななもり「ころちゃん」

るぅと「ですよね」

ジェル「ころんでないなー」

るぅと「悲しんでたりしてww」
チャンチャン