無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

1月4日
1月4日あるツイートを目にした。
『アバンティーズ エイジについて』
目を疑った。
信じられなかった。
信じたくなかった。
何度読み返しても意味がわからなくて。
心臓はこれまでにないくらいドキドキしているのに、
画面を操作する指は震えているのに、
なぜか涙は出てこなかった。
私は、あることを決意した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る