無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

後悔
意識を失っていたみたいで、目を覚ますと砂浜に寝転がっていた。
なぜか髪や服は濡れていなかった。
でも、スマホとぬいぐるみを握りしめていて、膝も擦りむいていた。
さっきあった事は夢なんかじゃなくて、本当だったんだ。
じゃあ、来るなってえいちゃん、私を生かしてくれたの?
生きたかったえいちゃんの気も知らずに、自分の人生を投げ出そうとした私を?
とても申し訳ない気持ちになった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る