無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

5年後
あれから5年が経ちました。
友達
似合わない
なんて散々笑われた赤い髪の毛も、
友達
似合うね
とか、
友達
可愛い
なんて言ってもらえるようになりました。
今でも夜寝る前はえいちゃんのこと考えているし、
えいちゃん元気かなって空を見上げます。
綺麗な景色を見ると、真っ先にえいちゃんを思い浮かべます。
泣いちゃうこともあります。
ですが、そこそこ幸せです。
私はよく、
友達
強いね
なんて言われます。
私は強くなんかないんですけど、
えいちゃんのことを思えば割となんでもこなせるし、耐えられます。
それは私が強いんじゃなくて、えいちゃんが強いんです。
強いねって言われるようになったのはあの日からだし、
あの出来事があってよかったなって思ってます。
次会うときは、私の人生を胸を張って報告できるようにしたいです。
えいちゃんありがとう。
大好きだよ。
おしまい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る