無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

電車
電車に乗って遠い遠い海に向かった。
本当はどこでもよかったんだけど、
とにかく遠くがよかった。
移動中、
アバみを何度も聴いた。
ずっと聞いていたけど、全く聴き飽きなかった。
あなた達でいっぱいのカメラロールを眺めた。
笑顔の写真もあれば、変顔の写真、バッチリ決まっている写真もあった。
あなたのことしか考えられなかった。
頭の中があなた達でいっぱいで、
とても幸せな気持ちになった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る