無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

出発
家を出ると、さっきまで朝焼けで薄紫に染まっていた空は青く晴れ渡っていた。
街を照らしている太陽は、まるであなたのようだった。
これから人生が終わるっていうのに、恐怖なんてひとつもなかった。
むしろあなたに会える喜びが大きくて、ルンルン気分だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る