無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

サイダー
主人公
もう帰ろう。
そう思えたので、歩き始めた。
空は真っ青で、
晴れ渡っていて、
透き通っていて、
まるでサイダーみたいだった。
そんな事を思ったので、自動販売機でサイダーを買った。
空の一部を溶かしたみたいなサイダーは、
口に入れるとしゅわしゅわと弾けて、
さっぱりした甘さが口いっぱいに広がった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る