無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

真っ暗になってしまって電車もなくて、
帰れなくなったので、砂浜で一晩過ごすことにした。
帰りたくなかったのかもしれない。
YouTubeを開いた。
さざめく波の音と、
低くて甘いあなたの声が、
とても心地よかった。
こんな時でさえ動画は面白くて、大声で笑った。
やっぱり私の笑顔の発電所はあなたたちしかいないと思った。
安心して、眠くなってきたので、
ゆっくりと目を閉じた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る