無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

笑い声
起きると、もうお昼頃になっていた。
立ち上がってぐーんと伸びをした。
海に向かって、
主人公
わーーーー!!!!
って叫んだ。
昨日あったこと全てが声と一緒に何処か遠くへ飛んでいった。
エイジ
うふうふうふ
って特徴的な笑い声が聞こえた気がした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る