無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

心の準備はできていなかった。
心の準備なんかしたら、諦めてしまう気がしたから。
楽しみだとか思っていたけど、やっぱり怖い。
怖いけど、やっぱり会いたいが勝ってしまう。
あなたのぬいぐるみとスマホを握りしめて、海に飛び込んだ。
苦しかった。寒かった。怖かった。
あなたもこんな目にあってたなんて、可哀想で仕方なかった。
でも、水の中に差し込んで来る光が、
動くたびにできる泡が、
とても綺麗だった。
なぜかそんなことを考える余裕もあった。
意識が遠のいていった。
それが分かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る