無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

夕焼け
もう、日が沈み始めていた。
気付かなかった。
遠い遠い水平線に沈みかけている太陽は、街全体を真っ赤に照らした。
空も海も街もあなた色に染まっている。
前までは切なくなるから嫌いだった夕焼けも、あなただと思うと愛おしくて仕方がなかった。
涙が溢れて止まらなくなった。
あの日から今まで泣いてこなかった分の涙が一気に溢れたんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

@きなこ
@きなこ
秋の空には紅い月。 アバいウイルスに感染シマシタ もう誰を推したらいいの。 とりあえず箱。 アバ不足。。。会いたいよぉぉ。 🐿🦑 🎠🍒
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る