無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

一緒の帰り道
3,524
2021/06/19 04:00
数日後のお昼休み。
私と玲奈は、SKY//HIGHの最新曲の動画を流しながらお弁当を食べていた。
玲奈
玲奈
そういえば、昨日の「潜入捜査官・AKIRA」見た? 
RYOがホントにかっこよくて
春野 小町
春野 小町
私も見たよ!
亮さん、刑事役がぴったりだよね
「潜入捜査官・AKIRA」は亮さんが主演のテレビドラマ。
人気小説が原作で、今期のドラマのなかでは一、二を争う視聴率らしい。
春野 小町
春野 小町
(前に、亮さんがリビングで、このドラマのセリフを覚えていたっけ)
亮さんの俳優歴は、子役も含めて十五年。
さわやかな好青年から訳ありの悪役まで、幅広い役をこなして何度も賞を取っている。

役作りのために、生活スタイルや食事を変え、体型も作り変えるというから驚きだ。
今回も、潜入捜査官AKIRAのイメージに合わせて、苦しいトレーニングをして身体を絞りこんだらしい。
春野 小町
春野 小町
(家では、和食好きの渋めの長男……っていうより、お父さんみたいな印象だけど)
玲奈
玲奈
『I MISS YOU』聴こうっと
玲奈が動画をタップすると、美しい映像とともに、衣装やメイクをバッチリ決めたSKY//HIGHの三人が歌って踊り出す。

動画の彼らは、完璧なアイドルの顔をしていた。
春野 小町
春野 小町
(アイドルの三人を見ると、不思議な気持ちになる)
すぐに抱きついてくる翔さんとか、ソファで寝転んで台本呼んでる亮さんや、ハンバーグが大好きな国立くん……、今の私にとっては、日常の彼らの方がしっくりくる。
春野 小町
春野 小町
(私は、いつもの三人の方が好きだな)
いつのまにか、そんな風に感じるようになっていた。

そのとき、教室の扉が開いて、もっさりとしたカツラと眼鏡で変装した国立くんが入ってきた。
春野 小町
春野 小町
(よかった!
今日はちゃんと学校に来たんだ)
うれしくなって目で追うと、国立くんは私に気づいて、軽く手を上げてくれた。
玲奈
玲奈
……あれ? めずらしい。
国立くんが来てる
春野 小町
春野 小町
うん。久しぶりだよね
けれど玲奈は、冷めた目で国立くんを見ながら続けた。
玲奈
玲奈
国立くん、いつ見てもさえないよね~。
あのボサボサ頭と眼鏡は何!?
ちょっとはKOHを見習って欲しいよね
春野 小町
春野 小町
ぶふっ!
思わず、飲んでいたお茶でむせてしまった。
春野 小町
春野 小町
(玲奈! 本人だから!!)
玲奈
玲奈
小町、大丈夫?
玲奈
玲奈
あんなむさ苦しい男見てないで、イケメン見よー?
春野 小町
春野 小町
う、うん……
言われて、もう一度SKY//HIGHの動画に視線を戻す。
画面の中のKOHは、オシャレで歌もダンスも完璧で、誰もが見とれてしまうかっこよさなのに。
春野 小町
春野 小町
(今の私には……、スウェットで作曲をしている無愛想な国立くんの方が、いいと思えてしまうんだ)
春野 小町
春野 小町
(……なんて、変なの)
自分の席で寝ているさえない国立くんを見て、思った。

  *   *   *   *
 
春野 小町
春野 小町
今日は帰りが早いから、芽依のお迎えの前にバイトに行っちゃおう
今日はテスト前で下校が早かったから、そのまま国立くんの家に向かう。
本格的な家事はテスト明けにやるとして、今日は簡単に終わらせるつもり。

足早に歩いていると、交差点で信号待ちをしている国立くんが見えた。
春野 小町
春野 小町
国立くん!
声をかけると、国立くんはゆっくりと振りかえって、私の方を見た。
国立 煌
国立 煌
……おう
春野 小町
春野 小町
今帰るところ?
一緒に行ってもいい?
国立 煌
国立 煌
別に、いいけど
ちょうど信号が青に変わって、私たちは一緒に歩き始めた。
けれど、何を話すわけでもなく、二人で黙々と家に向かって歩き続ける。
春野 小町
春野 小町
(えっと……、何を話そう?)
春野 小町
春野 小町
(翔さんと違って、国立くんは自分からあまり話さないもんね。
この機会に、もっと仲良くなれるよう、私から話しかけなくちゃ)
春野 小町
春野 小町
そういえば同じマンションなのに、帰り道で会ったことないって、不思議だよね?
国立 煌
国立 煌
俺、学校が終わったら、すぐ仕事やレッスンに行ってるから
春野 小町
春野 小町
レッスン?
国立 煌
国立 煌
……ボイストレーニングとか、ダンスとか
春野 小町
春野 小町
へぇ……
お仕事の合間に、歌やダンスのレッスンがあるんだ。
そのうえ曲まで作って、一体いつ休んでるんだろう。

これまで自分は、学校に加えて家事もあるから普通の人より忙しいと思っていたけど……、私なんてまだマシなのかも。
国立 煌
国立 煌
ハンバーグ……
春野 小町
春野 小町
え?
なんの前触れもなくつぶやいた国立くんに、目を瞬かせる。
国立 煌
国立 煌
うまかった
春野 小町
春野 小町
……あ! 昨日作ったハンバーグのこと?
春野 小町
春野 小町
よかった。気に入ってもらえたんだ。
たくさん作って冷凍しておいたから、また食べてね
国立 煌
国立 煌
もう全部、食った
春野 小町
春野 小町
ウソ!? 全部って……、
少なくとも三日分はあったよね!?
国立 煌
国立 煌
俺、三日ろくに食ってなかったから、三日分を一気に食った
春野 小町
春野 小町
そんな、めちゃくちゃな……
いたずらっぽい国立くんの表情に、あきれながらも、私もつられて笑顔になる。
春野 小町
春野 小町
次は、六日分くらい作っておこうかな……
国立 煌
国立 煌
それ、たぶん二日で食える
春野 小町
春野 小町
国立くんってば、ハンバーグだけじゃ栄養が偏るから、ダメだよ!
野菜もたくさん食べなくちゃ
国立 煌
国立 煌
どうせ好きなものしか食べねーから、いっしょだよ
春野 小町
春野 小町
ちっちゃい子供みたい!
こうなったら国立くんの偏食が直るよう、メニューを工夫して……
国立 煌
国立 煌
ヤダ。
俺は好きなものだけ食べる。
ってことで、俺はコンビニでアイス買ってくる
そう言って、ペロッと舌を出すと、近くのコンビニに逃げるように入っていった。
春野 小町
春野 小町
あっ、逃げた!
世間ではクールなイメージで通しているKOHが、子供みたいに好き嫌い言ってるなんて、誰も想像できないよね!?
春野 小町
春野 小町
ホントにマイペースで偏食なんだから……
私も入ろうか迷ったけれど、少しでも早く行って、食事を作ることにした。
昨日のハンバーグを全部食べてしまったなら、亮さんと翔さんが食べるものがないはずだ。

私は一足先に、マンションへと向かった。

  *   *   *   *

亮さんと翔さんは、雑誌の撮影とドラマの仕事で帰りは遅い。
私が合鍵で部屋に入ると、玄関に見慣れない男性の革靴があって、はっとなる。
春野 小町
春野 小町
(誰の靴……?)
もしかしたら、私は顔を出さない方がいいかもしれない。
すぐに玄関を出ようとドアノブに手をかけると、後ろから声が聞こえた。
菱田 将人
菱田 将人
……おい、待て!
春野 小町
春野 小町
おそるおそる振りかえると、三十歳くらいのスーツを着た男性が、警戒心をあらわにして廊下に立っている。
菱田 将人
菱田 将人
お前は、誰だ!?
どうやって、この家に入ってきた?
春野 小町
春野 小町
あの、私は、
この家のハウスキーパーで……
菱田 将人
菱田 将人
ハウスキーパー……?
なんの話だ!?
今から、不法侵入の疑いで警察を呼ぶ
春野 小町
春野 小町
警察!?
ちょっと待ってください!
私、ハウスキーパーとして家事をしに来ただけで……、
そうだ、亮さんなら説明してくれるはずなので
菱田 将人
菱田 将人
やはり、ここが亮達の家だと知っての犯行か。
お前、ストーカーだな!?
一緒に来てもらおう
そう言って、彼は私の手首をがしっとつかんで、強い力で引っ張った。
春野 小町
春野 小町
違いますってば!!
春野 小町
春野 小町
(どうしよう、私、警察に連れて行かれちゃうの……!?)
春野 小町
春野 小町
(亮さん、翔さん、国立くん、助けて……!!)