無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

727
2020/09/18

第4話

黒い馬車
母「じゃあ頑張って来なさい、あなたは特待

生だから女子用の制服が届いてるわ」

はぁ……………………………………はぁ………………

ため息の嵐←

絶対に主要キャラとは関わらない!

これ絶対!テストに出るよ←

『じゃあ行ってくるね』

家の前にはもう馬車が待っていた

はぁ、まさかこの馬車に乗ることになると

は…

行者がペンを1振りするとものすごい眠気が

襲って来て私は意識を無くした


─────入学式─────

鏡「汝は……ポムフィオーレ!」

ポムフィオーレねぇ……

まぁオクタヴィネルよりはまぁ……

ヴィル「学園長はどこに行ったのかしら」

イデア「職務放棄」

カリム「腹でも痛めたんじゃないか?」

学園長「違いますよ!」

あれ?これってもしかして……

原作開始時と同じ?!え……………………………………

やばくね

監督生と関わる=主要キャラと関わる

オ ワ タ

絶対に関わらない うん、それがいい

なんて思ってるうちに騒動は終わった

ヴィル「着いてきなさい子じゃが達!私が鍛

えてあげるわ!」

そう言ってヴィルさんは私たちを見回した

パチ

あ、やばい

目が合った…………………

でもふいっとそらされて

ヴィル「今日は解散!各自部屋に帰りなさ

い」

良かったあああ… 助かった

じゃあ私も帰ろう

私は部屋へと向かった


──────────

えと、私の部屋はここか…

コンコン

『し、失礼しまーす…』

?「おう、特待生」

うお、なんかイケメンがおる

?「俺は同室の…」

スズキ「スズキだ、よろしくな」

なんかさ

『いかにもモブって感じの名前だね』

スズキ「お前喧嘩売ってんの?」

やばいやばい声に出てた

『いやいやいや!羨ましいなって』←悪意な



スズキ「お前バカにしてんだろ!!!」

『そんなことないってよろしく頼むよ!』

スズキ「はあ、まぁよろしくな」

──────────

スズキ・イチロウ

The・モブ

何かと助けてくれる

世話焼き

ポムフィオーレなのでそれはまあ顔面偏差値

の暴力