無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

643
2020/09/22

第5話

フラグ
────数週間後────

入学して早数週間、私はスズキくんと勉学に

勤しみながら主要キャラ&監督性を

避けて 避けて 避けて 避けて

避けて 避けて 避けて 避けて

避け…(((スズキ「なげえ」

『なんで心の中に入ってくんの?!』

スズキ「いや、お前普通に喋ってたかんな」

『…………………あは』

スズキ「ったく」

最近スズキくんの私の扱いがおかしいぞ

それはともかく最近までずっと避けまくって

たせいか同じ寮のヴィル先輩とですら関わっ

てないのですよ

私すごい

でも『このままなら平穏に残りの学校生活も

過ごしていけそう…』←フラグ

皆さん見ました?

私、思いっきりフラグを立ててしまいました

いや!それでも私はそのフラグをへし折って

いく!←フラグ

スズキ(コイツまたくだらないこと考えてん

だろ…)

スズキ「…あ、俺先生に呼ばれてるから先に

寮に帰っててくれ」

『え?スズキくんやらかしたの?』

スズキ「違うわ!」

──────────

そういえば入学してからほぼずっとスズキく

んと過ごしてたからぼっち初めてだ

……………………………………………………うん、早く帰ろう

?「〜クソがぁ

?「でも〜です!

?「こんの〜

…え?

なんかめっちゃ揉めてる

……………






よし!












少し様子を見てみようかな←今世紀最大の過