無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

Awkward moment⚠️
311
2021/04/27 13:25
あなたside




翌朝、真ちゃんと一緒にタクシーで会社まで向かった




2人で居るところをなるべく誰にも見られないように早めに真ちゃんのマンションを出発した
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
💭心の中💭

はーっ...
今から隆に会うのが気まずすぎる😓
とりあえずいつも通りにして、マネージャーとして仕事をしなきゃ💦
與 真司郎
與 真司郎
あなたちゃん?
もうすぐ着くでー?
オレ、カフェでマネージャーと合流してから会議室に行くから、先行っててや😃
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
うん😃
真ちゃん、色々ありがとう✨
與 真司郎
與 真司郎
...また泊まるとこに困ったら連絡してな😉
じゃ、また👋
真ちゃんはそう言うと会社の近くのカフェの方へ歩いて行った




その後、私は会議室へ向かった




時間はAAAの会議が始まる1時間前
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
💭心の中💭

マネージャーの佐藤さんもう来てるかな??
隆との事相談してみようかな...

...ガチャ




私は会議室のドアをそっと開けた
宇野 実彩子
宇野 実彩子
あっ、にっしーのマネージャーさん💦
おはようございます😃 

...昨日は驚かせてごめんなさい😅
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
おはようございます😃
昨日は、2人でいるところにお邪魔しちゃって、失礼しました😅

2人が仲良しなのは前から知っているので、大丈夫です😊


会議室の中には宇野ちゃんがいた



宇野ちゃんのマネージャーさんは飲み物を用意しに行ったみたいだった
宇野 実彩子
宇野 実彩子
あの、でも私にっしーのことは好きとかじゃなくて...
家族みたいに何でも話せる友達なんです😃
だから、誤解しないで下さいね😅
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
はい、わかりました💦

本当にそうなのかな?




友達なら部屋で2人っきりであんな距離近くなる?




でもAAAならあり得るか...




ライブ中とかいつも距離近いし、仲も良いからなぁ




特に『たかうの』は仲良しだし...




私はまだ少しもやもやしていた





ガチャ!
マネージャー佐藤
マネージャー佐藤
おはようございます😃
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
おはよーございまーす😎
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
おはようございます😅
(隆来ちゃった💦)
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
あなた...!😳
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
ちょっと飲み物買いに付き合ってよ、ね??
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
...はい😓
(もう逃げられない💦)


私は隆と会社の近くにあるカフェまで向かった
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
あのさ、昨日はほんとごめん!

...信じてくれないかもしれないけど、宇野ちゃんとはほんとそーゆうのじゃないから!
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
うん...さっき宇野ちゃんも同じこと言ってた

誤解しないで、って💦
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
実は...
宇野ちゃんは真司郎が好きで、なかなか気持ちに気付いてもらえないから、オレが時々相談に乗ってるんだ
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
えっ!!
そうなの??😳

真ちゃんのことが...
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
うん、だからあの後すぐ帰ったし...

...許してくれる?
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
...うん、わかった💦
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
良かったー😊✨

マジで焦ったよ😓
昨日帰って来ないし...
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
ごめんね?💦
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
いや、オレが悪いし、いーよ😓
電話もLINEも返事ないし、心配したよ
友達のとこに泊まったの??
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
う、うん😅
(真ちゃんは友達だよね💦)
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
そっか...
今日は一緒に帰ろーね??
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
うん💦
(なんか嘘ついたみたいで少し罪悪感😓)


私達はその後、夕方まで打ち合わせをして、佐藤さんに自宅まで送ってもらった


マネージャー佐藤
マネージャー佐藤
じゃあ、ここで!

にっしー、明日は一ノ瀬さんは休みだから、オレが迎えに来るよ!宜しくー😃
西島隆弘(Nissy)
西島隆弘(Nissy)
りょーかい!
また明日ね👋
一ノ瀬(なまえ)
一ノ瀬あなた
お疲れ様でした😃


そう言うと佐藤さんは車を走らせて帰って行った



まだ隆とは少しギクシャクしている





...宇野ちゃんには優しい、宇野ちゃんは特別




そんな想いが頭の中をグルグルしていた