第23話

21
1,357
2020/05/26 12:33



「わっ、」




突き飛ばされて、

倒れそうになるのを




のんちゃんが受け止めてくれた。





小瀧「…危ないやん」




殺気立つ大吾さんを睨むのんちゃん。









大吾「…お前の、せいで…」








淳太「あなたちゃんは悪くないやろ


身代わりに一般人を差し出す

ミヤビの神経、どうかしてるわ」









風磨のもとに戻ると

私を庇うように、手をのばした。









「…風磨くん…、どういう…」









家庭内は最悪だった。

それでも、環境はまだマシだったんだ。









風磨「…ミヤビは、…死んだ」









だって、一週間くらい前はいたじゃない

意地悪そうな笑みを浮かべて……。









大毅「これが、嘘つきの末路やで」









優しいはずの彼らなのに、


住む世界は真っ黒で、暗くて









「…わ、わた…し…」







風磨「あなた、」









気持ち悪い、怖い、怖い、なんで、なんで…。


いろんな感情がぐるぐる渦巻く。





私、こんなとこに来ちゃって…、









場違いってレベルじゃない。









「 …誰だって、一回くらい

嘘ついたこと、あるでしょう…?



それを、そんな…ひどい」









簡単に、誰かの命が奪われるなんて


そんなこと、あっていいはずがない。









大毅「俺らは、そんなひどい世界に生きてるんやで」









踏み込んだら、もう出られない、



底なしの地獄みたい。





プリ小説オーディオドラマ