無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1
あれは、中学2年のある朝だった。
あなたside

ジリリリリリリリリリリ(アラームの音)
あなた
あー、よく寝たァ!
着替えて食卓に行くと、いつも通りお母さんが朝ごはんを作っていた。
あなた
お母さん、おはよ!
あなたのお母さん
あら、おはよう
あなたのお母さん
ねえ、あなた。
高校受験しない?

お母さんは岡崎北高等学校ってとこか、岡崎城西高校ってとこを受験してみたらどうかなって思うんだけど。
あなた
どっちの方が賢いの?
あなたのお母さん
北高だよ
あなた
じゃあ、あと2年あるし、北高ってとこ受けてみよっかな!
あなた
え、、塾行くでしょ!?
あなたのお母さん
行きたかったらね
あなた
行く!
頑張る!
あの朝、受験がこんなにも大変だとは思ってもいなかった。
あなた
あ!
あと5分で待ち合わせの時間だ!
早くしないと!
カバンを持って、外に出た
ざわくん
おう、あなたおはよう!
あなた
おはよう!

ねえ、なんで、いつもそんなに早いの?
ざわくんって、いつも待ち合わせの5分前には来てるよね!?

もしかして、暇なの?
ざわくん
そんなわけないだろ!

待ち合わせの5分前に行くのは当たり前!
あなただって、バスが来る時間の5分前にはバス停ついてるでしょ!
あなた
んー?
そうかなー?

ざわくんってさ、石橋を叩きすぎ!
石橋は渡れるんだから!心配しない方が良くない?
ざわくん
たしかに、あなたは、石橋を叩かないくせに渡れちゃうよね。

羨ましいですー。(棒)
あなた
なに!その、棒読み!

あ!あの信号渡ろ!
ざわくん
危ないよ!
【手を掴む】
あなた
しょうがないなー。

石橋叩きすぎポイント1増えた!
ざわくん
え、溜まったらどうなるの?
あなた
え、、考えとく!
───────🍅ー🍅───────
読んでいただいてありがとうございます。
話が進まないですね……。
次回は学校を風景にして書こうと思います!

これからもよろしくお願いします。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

トマト眼鏡
トマト眼鏡
先に書きます。トマトクンが1番です。「1番」っていう言葉では収まらないくらい、あの……、好き((ボソッ… 優先して上げてく小説↓ 「君のカイロ」 「思い出」 箸休め程度で上げてく小説↓ 「東海オンエアとの日常」 「女未」 気まぐれで上げてく小説↓ 「突然、畑のメンバーに」 「陸上部」 この2つは優先小説が終わったらバンバン書きます! 極力!木曜日or金曜日と休みの日は投稿しようと思っております。 ★200!!! お気に入り200にふさわしいように頑張ります。 東海オンエア はじめしゃちょーの畑 はじめしゃちょー すずしょうと 見てるyoutuberさんはこの4方です。 東海の推しはとしくん(ゆめまると虫さんも) 畑の推しはトマぼお(やふくんも) すずしょの推しはおしょう 書いてない人も好きじゃぁ⤴︎ たくっち ユッカ ↑ゲーム実況で好きなYoutuberさん たくっちは魔理沙が1番好きやぁ! よろしくお願いします。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る