無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

先輩はヤリチンです。
「始めようか」
『は、はい』
そう言うと
ユンギさんは
下に手を持っていった
「あっ…」
『どうしたの?ニヤ』
「な、なんでもないです!」
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡