無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

志麻side(1)
こんにちは!俺は志麻って言って
浦島坂田船のメンバーの1人です!
そして俺の隣にいる身長高い人が
センラさんでーす!
センラさんも浦島坂田船のメンバーの1人であり、そして俺の彼女でもあります…////
実は俺、皆に内緒にしてる事があって、
人を縄とかで縛ってトイレを、
もっと具体的に言うならおしっこを
我慢してる所を見るとなんというか、
ぞくぞくっってするんです。
自分が可笑しいんかな?と思って
ネットで色々調べてみると、
自分の他にも好きな人は居るようで。
そしてその中に俺が目に止めた
文があって、
[相手を漏らさせると快感になる]
と書いてあった文にぴんっっときて、
センラさんの手足を縄で縛って
おしっこ我慢させたらどーなるのか。
という事で今俺の家にいます!
センラさんには申し訳ないけど、
凄い楽しみなんです。
「志麻くん〜なんか飲みもんあるー?」
よし!このタイミングを待ってましたぁああ
「ん、まっててや〜」
いつも通りセンラさんに返事を返して、
キッチンに行き水の中に少量の利尿剤を
こっそり入れてセンラさんの所へ
持っていこ〜〜(ニヤッ)
考えただけでにやにやしてしまいます。
「お待たせ〜ごめんなぁ、水しかないねん」
「大丈夫、ありがと〜」
俺の手から水を受け取ったセンラさんは
ごくごくとコップの水を半分くらい
飲み干しました。
さぁて、後はトイレに行きたくなるのを
待つのみ…………楽しみやなぁ……。
そこから1時間程一緒にテレビを見てると
センラさんがモジモジし始めました。
(これはトイレに行きたくなってきたんちゃうか〜?)
センラさんの事やからテレビもいい所やし
我慢して見てるんやろうな。と思ってたら
案の定そうらしくテレビに夢中に
なりながらも体を左右に動かして
我慢してるのを見て俺はぞくぞくしてきました。
テレビも終わりセンラさんがトイレに駆け込むだろう。と思ったからチャンスを逃さないように俺はセンラさんをベッドに呼びました。
「センラさん〜!ちょっときて〜!?」
「ふぇ!?!?はぁーい。」(モジモジ)
「あんなあんな〜今日見せたいもんあって〜」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みけ@ラ
みけ@ラ
5月1日よりスタート。 投稿出来たらしていきたいです。 暖かい目で見守って貰えると 幸いです。 NL、BL、GLなんでも行けます。 プロフィール画像はTwitterのフォロワー様が書いてくださいました。 本人様が私をイメージして書いてくださったので実物とは異なります。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る