無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

センラside(2)
ほんまやばい...
志麻くん目がさっきと違うもん...
ほんまおしっこ漏れそうやし…。
確かうらたんが言ってたけど
志麻くん人の事をおしっこもらさせるのが
どーたらとか言ってたし...。
まさかセンラで試そうと...!!
いやいや、でも膀胱ら辺押してきたし
そーなんじゃ...。
このまま漏らすよりかは尿瓶に...
いやいやいや!!何を言ってるんや!
そんなん両方嫌やわ!
「えっと〜...志麻く...ん、1回落ち着こ?」
「俺はいつでも落ち着いてるけど?」(ドヤァ)
うわ、、すんごいドヤ顔で言われても...
「で?センラさん、どーします?」
どーしますって言われても...。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みけ@ラ
みけ@ラ
5月1日よりスタート。 投稿出来たらしていきたいです。 暖かい目で見守って貰えると 幸いです。 NL、BL、GLなんでも行けます。 プロフィール画像はTwitterのフォロワー様が書いてくださいました。 本人様が私をイメージして書いてくださったので実物とは異なります。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る