無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

志麻side(4)
センラさん余裕あるように見えるなんて
さっきから言ってますけど俺の方が
余裕無くなってきてるんですけど...。
だってセンラさん、可愛いし、漏らした時のあの声とか最高。
俺の息子が悲鳴をあげてますよ。ほんと。
なんで浴槽の縁に座るよう言ったかと
言うとその方がセンラさんが漏らした時に
バッチし見えるでしょ?
でもセンラさんは俺が見る限り限界に
思えた。
「センラさん、どーしても我慢出来ませんか?」
って聞くとセンラさんは即答で
「もう無理って何回も言ったじゃないですか!!」
と少しキレ気味返事が返ってきた。
そしてセンラさんが腰掛けてる浴槽の縁の下には小さな水たまりが出来ていた。
そろそろ可哀想かな...
センラさん頑張って我慢してたし...。
いやでもあと5分だけ...。
---------------------
すみません。そこから10分も経ってました。
10分もするとセンラさんも恥など無くなってきたのか自分の息子を握り潰すように尿意を誤魔化て我慢しているのをみて思わずセンラさんに
「センラさんおしっこしていーよ」
と言うと
「ほんとですか!?も、でちゃう;;」
と半泣きで言ったあとジョロジョロと
音を立てて色の濃いおしっこが
滝のように流れ出してきた。
センラさんの顔を見ると唾液を垂らして
意識も朦朧としているように思えた。
だけどこれで終わりにはしないのがこの志麻様さ...。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みけ@ラ
みけ@ラ
5月1日よりスタート。 投稿出来たらしていきたいです。 暖かい目で見守って貰えると 幸いです。 NL、BL、GLなんでも行けます。 プロフィール画像はTwitterのフォロワー様が書いてくださいました。 本人様が私をイメージして書いてくださったので実物とは異なります。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る