無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
228
2018/05/03

第9話

けーちゃんにゅーす
文化放送からお届けするKちゃんNEWS
「はい、NEWSの小山慶一郎と」
「浅倉レイでぇす」
色々あって今私たちのグループは11人→5人になってしまった
「いっこ言いたいことあるんだけどさ、レイに」
「ん?なんでしょ」
「なんで温泉入らないの」
「え?笑笑急に何よ」
「ロケとかでさぁ、ホテル行くじゃん?で、温泉行きたいと。でもぉ、1人だとさみしいから誰か誘うじゃん?それで、レイ誘いに行ったの」
「それあれでしょ、2人だけのロケだったときでしょ」
「うん。で誘いに行ったの。そしたらさぁ『え、行くわけないじゃん』って言われたの!
なんでよ。もうさ、スタッフさんといったよ。
スタッフさんとぉ、裸で気持ちいいですねって」
「だからさ、まず俺さ、裸を誰かに見られるのが嫌なわけよ。なんかすっごい見られてる気がしてさ」
「楽屋とかでも絶対脱がないもんね」
「そう、嫌なの。あと、知らない人たちの汗がたっぷり混ざってるんだよ。もう想像して気持ち悪いわ」
「ホテルの風呂はいいの?」
「うん、洗ってあるから。だってあれはさ、一日中誰が入ったかわかんない水だよ」
「気持ち悪いわ!これから大浴場入れなくなるからやめろー!」
ほんとは違うんだけどね、ごめんね慶ちゃん
裸絶対見せられないからさ
「もおぅ、行きますよ、一枚目」
………