無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

201
2018/03/22

第7話

ゆうやけのうた
「楽しかったー!」
「楽しかったって言えるお前すげぇよ。あれ、ちょー疲れたわ」
「歌った歌の題名なんだっけ」
「歌。夕焼けの歌だよ」
「増田くんよく知ってるね!!」
「いや、これくらい当たり前でしょ?」
「いやいや、手越も知らなかったよね?」
「いや、これは知ってる。てかな、一応先輩だからね?手越って言ったね?」
「そんなこと言う手越は嫌い」
「え?」
「もう手越なんて嫌いだもん!」
「え?え?」
「USO♡」
「キモいぞ」
「へへー」
「お前本当に男だよな?たまに女に見えるわ」
「わかるよ、増田くん!」
「だよなー。髪の毛長いから?女子力高いだろ、浅倉」
「えー?」
「高いっスよ。ポーチ持ち歩いてるから」
「普通じゃない?」
「男っぽい言葉も使わないしね」
「前髪あげてるとちょーかわいい」
「わかるー!」
「声も高いよね」
「そう?」
「照れてる」
「やーめーてーっ!」