無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

>>22
ウジside

俺が着いた時には既に手術中のランプがついていた。
ウジ
(;´Д`)ハァハァ始まってる…
💭どうか成功してくれ!(>人<*)たのむ!!!










これで会えなくなるなんて嫌だからな!!まだお前に好きって・・・愛してるって伝えてないんだぞ!?((大声( இ﹏இ )
セブチ
💭ウジ/ヒョン………
ミンギュ
ヒョン!!大丈夫ですよ!ヌナは必ず成功させて戻って来ますって!!ね!だからイスに座って待ちましょ?
ミンギュからそう言われて初めて気づいた。俺、ドアの前で正座してた。立ち上がろうとした。でも体に力が入らなくてミンギュとディノが肩を貸してくれてイスに座らせてくれた。
ウジ
ごめんな……。
ウジside
end
スンチョル
とりあえず今はあなたを信じて待つしかないな。だが、みんなでいてもどうにもならないし、邪魔になるだけだからウジとミンギュだけ残れ。あとは事務所に戻るぞ!ミンギュ、手術終わったら連絡してくれ!じやぁな👋
ミンギュ
わかりました!必ず連絡します!ヒョンの事も任せて下さい!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

うーみん🌈🌴
うーみん🌈🌴
ふぁんねーむ”うーみん谷” ふぁんまーく”🌈🌴” 🍫💋はらんず 🍼💎うりんず 👶👴ウユット 🍼☕紅茶部 🍄🌱🌿ポソ民 🎃🍷かぼちゃ族 💎🐭🍼うりすう ☕🌿Kユニット 🌙🦇💎ゆうあ民 ♯誰よりも輝く君をみて ♯鹟喩×ウユット ♯闇の世界に光を
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る