無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

>>33
in宿舎リビング
テフン
てことで、ひと通り説明は終わったけど、あなたなんか聞きたいことある?(≧∇≦)
あなた

うん大丈夫。テフンオッパ( ˙-˙ )

セブチ
はぁ!?オッパ!?
あなた

うん。テフンオッパがそう呼べって。

テフン
いいだろ~( ´థ౪థ)ニヤニヤ
セブチ
💭いいなぁ( ˘•ω•˘ )俺/僕もオッパって呼ばれたかった
ウジ
ヒョン。なんかムカつく。
テフン
まぁ仕方ない笑。お前らはあなたより年下だからな(   ´∀`)ハハハ
あなた

というか、初めてみんなに会った時にオッパいなかったよね?

テフン
あー。あの時は確かn
ミンギュ
マネヒョン当日に熱出して来れなかったんですよ!
テフン
おいミンギュー!人の話をさえぎr
あなた

そーなんだ。じゃぁサプライズで来た時は?

テフン
あなたお前まで…( ˘•ω•˘ )


まぁいいy
ウォヌ
あの日は確か腹痛で動けなくてㅋㅋ
テフン
ウォヌ…( இ﹏இ )
スングァン
ヒョンが泣きそうになってるㅋㅋ
あなた

あ、え、ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎオッパごめんね(´•̥﹏•̥`)

テフン
あなた~~~!(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー♡
セブチ
あなたいいんだよ!いつもこんな感じだからㅋㅋ
ウジ
うん。てか離れて。(ಠ_ಠ)

ヒョン。後で俺の部屋に。
テフン
はい。すいません。_|\○_
セブチ
アハハハハハ
あなた

ジフン。顔が怖いヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

はい。この後マネヒョン、ウジにたっぷりと怒られました。リビングに帰ってきたマネヒョンは笑えるくらい落ち込んでました。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

うーみん🌈🌴
うーみん🌈🌴
元Woosziminguです! ふぁんねーむ”うーみん谷” ふぁんまーく”🌈🌴” 🍫💋はらんず 🍼💎うりんず 👶👴ウユット 🍼☕紅茶部 🍄🌱🌿ポソ民 🎃🍷かぼちゃ族 💎🐭🍼うりすう ☕🌿Kユニット ♯誰よりも輝く君をみて ♯鹟喩×ウユット ♯闇の世界に光を
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る