無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

>>14
あなた

私実は、中学生の頃虐められてて、無視とか言葉の暴力は全然大丈夫だったんだけど、殴る蹴るは本当にキツかった。小学生の頃から人見知りが激しくて会話が上手くできなくて、中学に上がった頃からイジメが始まったの( ノω-、)クスン初めのうちは無視とかだったから軽くスルーしてたんだよね。1人で行動するの楽だったし。

あなた

でも段々エスカレートしてきて殴られたり、蹴られたりするようになったの。そんなある日学校行事でキャンプすることになったの。海の近くでね。もうみんなも想像出来ると思うけど、崖から突き落とされたんだ(´;ω;`)ウゥゥ。それが夜みんなが寝た後だったから、気づくまでに時間がかかっちゃって、沖の方まで流されたんだ。で結局海上自衛隊に連絡が行って、救出されたんだけどその時に助けてくれたのが葛城さんだったの。

葛城
(葛城)
そう。あの出来事だけは忘れられない。引き上げた時、痣や傷だらけで頭からは血が・・・。あの時は本当にもう助からないと思った。意識もなかったし。でも救急車で病院まで運ばれる途中少しだけ意識が戻ったんだ。奇跡だと思ったよ。それと同時に絶対にこの子は助けなきゃって思ったんだ。
あなた

で、結局助かったからここにいるんだけど、小学生までの記憶はなくしたわけ。

セブチ
ゥゥ。・(つд`。)・。辛い思いしてたんだね。
あなた

なんでみんなが泣くのー?笑

ジョンハン
俺達が傍にいてやれてたら助けられたのに。
ミンギュ
そうだよ!ヌナ!。゚∵(つД`)∵゚。 ウェ―ン
あなた

ありがとね!(*´罒`*)素直にうれしいゎ

ホシ
じゃぁさぁ自衛隊員になろうと思ったきっかけは?
あなた

それはね、葛城さんのおかげ。水難事故のあとリハビリとかで結局中学校行けなかったんだ。というか”行かなかった”の方が正しいかな。目覚めるまでに半年、それからリハビリに1年。リハビリ始めてから半年後位から学校OKだったんだけど、また同じ目に合うのが嫌で行かなかったんだ。突き落とした子達はすぐに誰かわかって、捕まったんだけどそれでもやっぱり怖かった。だからずっと家に引きこもってた。でもそんな時、葛城さんがうちに来て、「僕みたいに自衛隊員になってみない?」って言ってくれたの。リハビリのときからよく会いに来てくれて、この人なら大丈夫と思ってなろうと思ったんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

うーみん🌈🌴
うーみん🌈🌴
元Woosziminguです! ふぁんねーむ”うーみん谷” ふぁんまーく”🌈🌴” 🍫💋はらんず 🍼💎うりんず 👶👴ウユット 🍼☕紅茶部 🍄🌱🌿ポソ民 🎃🍷かぼちゃ族 💎🐭🍼うりすう ☕🌿Kユニット ♯誰よりも輝く君をみて ♯鹟喩×ウユット ♯闇の世界に光を
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る