無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第24話

大好き。
シルク
じゃあ俺、買い物行ってくるわ〜
マサイ
うーい。
あなた

気をつけてね〜

マサイside
あなたは、来月から産休から復帰してまた幼稚園の先生に戻る。
また、会えなくなるんだろうな〜
そう思うと、あなたを襲いたくなった。
けど、もちろんシルクの奥さんだってことも分かってたし、心愛のお母さんだってことも知ってた。
けど、我慢できなかった。
マサイ
あなた、、
俺はあなたをバックハグした。
あなた

マサイ?どうした、の…?

マサイ
ごめん。急に。
あなた

大丈夫だよ。

マサイ
やっぱ好きだ。
あなた

え、、、、?

マサイ
でも、お前はシルクの奥さんだし心愛もいるし。分かってるよ。
マサイ
ただちょっと寂しいだけだから。
あなたはちょっと間をとってこう言った。
あなた

いつでも頼ってね。

マサイ
うん。ありがとう。
そう言って俺は帰った。
俺はこんなに優しいあなたが大好きだ。