無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

感動。
それから5分後…
医者
中に入ってもらっても大丈夫ですよ〜
シルク
はいっ!
俺はそう行って真っ先にあなたのもとに向かった。
あなた

シルク…

シルク
あなた、ありがと。
あなた

えっ…?

シルク
俺には出来ないよ。痛かったよね。ありがとう。
あなた

シルク…(泣)

シルク
ふふっ…(泣)
兄ク
お前が泣いたらダメだろ。嫁より強くなれや。
シルク
兄貴、いいだろう?今日は。
兄ク
お前が泣いたら顔が余計に猿みたいになるってw
いとこちゃん
wwwwww
いとこちゃん
それなw
シルク
それなじゃねーよw
いとこちゃん
ごみーんw
シルク
謝る気ないだろw
その時間は過ぎ、あなたは病室に戻った。
シルク
…ちっちぇー
あなた

可愛いね。

シルク
なんて名前つけようか。
兄ク
猿2号とかは?
シルク
兄貴…マジ怒るぞw
兄ク
え、ダメ?
シルク
ダメに決まってんだろw
兄ク
ほら、絹張猿2号。やっぱええやん。
シルク
ダメ!
シルク
俺はシンプルなのがいいなぁ…
あなた

聞いてすぐに由来がわかるみたいな感じ?

シルク
そうそう。女の子だもんなぁ…
あなた

心っていう漢字入れたいな…

シルク
じゃあ心愛ここあは?
あなた

良い!それが良い!

シルク
おっしゃ!よろしくな〜心愛。
兄ク
へっwベタベタやw
シルク
俺の初めての子供なの!
兄ク
へいへいw
シルク
可愛いな〜