無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

病院
それから…1時間後。
あなた

まだ…シルクは…来ない…の…?

いとこちゃん
…ちょっと、待ってね…
あなた

うん…

その頃エントランスで。
兄ク
あ!シルク!
シルク
兄貴!あなたは?
兄ク
病室231。
シルク
ありがとう。
兄ク
ちょっ、待て!
シルク
何⁉︎
兄ク
頑張れよ。2人で乗り越えろ。
シルク
おう。ありがとう!
病室で。
シルク
あなた!
あなた

…シルク…!

いとこちゃん
来んの遅い!もう…
シルク
悪い。
いとこちゃん
じゃあ下で待ってるから。また様子見にいくから。
いとこちゃん
なんかあったらLIMEして。
シルク
おう。
いとこちゃん
じゃあね〜
シルク
あなた、ごめんな。遅くなって。
あなた

大丈夫…だよ…。

シルク
なんか必要なものあったら言えよ。
あなた

ありがと。

それからも陣痛は進んだが…
あなたはその1時間後すやすやと寝てしまった。
シルク
そりゃ疲れるよな…
そう言って、シルクはあなたの頭を軽く3回ほど撫でた。
その時だった。
医者
旦那さん。ちょっといい?
シルク
あっ、はい。
医者
奥さんのことなんだけど、産道が狭いみたいなんだ。
シルク
てことは…
医者
難産になる可能性が高いってこと。
シルク
でも俺は、ずっと隣にいます。
医者
その言葉を聞きたかったの。じゃあ。
シルク
はい。
シルクはあなたの隣に座った。
なぜかは知らない。急にあなたに言われたあの言葉を思い出した。
あなた

ねぇ、私のこと好きで結婚したの?

シルク
好きで結婚したに決まってんだろ。
あなた

2ヶ月前。私聞いちゃったの。

あなた

マサイとシルクの会話。

シルク
えっ?
マサイ
おい。シルク。あなたを一人にすんなって言ったろ?
シルク
おう。
マサイ
俺がお前に託した彼女なんだ。
シルク
分かってるよ。
マサイ
お前本当にあなたの事好きか?
シルク
おう。
マサイ
じゃあなんで結婚した?
シルク
それは…お前との約束を果たすため。
あなた

約束ってなんなの?

シルク
それは一生言えねぇ。
あなた

なんで…?夫婦でしょ…?

シルク
そうだけど…!
あなた

もういいっ…!

そう言ってあなたが家から出て行ったことをふと思い出したのだった。
あなた…








































































































































































































































































































ごめんな。