無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

507
2020/09/15

第34話

Who your Worf?〜月島蛍~
2人目の男子は










月島蛍
希美
希美
行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
希美
希美
希美です。月島くんですか?
月島
月島
コク
希美
希美
第一印象は真面目で多分私とは合わないなと思ってました笑
希美
希美
でも、初めに赤いブレスレットを渡してくれた時に初めて話して、あ、意外と話し合うなって思ったんです
希美
希美
その時からはもう月島くんしか、見えないくらいそのくらいもう、好きになっていました。
希美
希美
意外と優しいところもノリがいい所もちゃんと真面目なところも好きです。
希美
希美
これからもっとたくさん知っていきたいと思ってます。
希美
希美
こんな私でよければよろしくお願いします。
月島
月島
希美
希美


































、、



メイ:…

ナナ:うそ、、


希美
希美
…っ!
月島
月島
希美
希美
、手紙
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナナ:…オオカミくんなら手紙渡すのか.

メイ:去っていく後ろ姿が切ない







































希美へ

今まで騙していてごめんなさい。










僕はオオカミでした。










恋をしないつもりで参加したのに気づいたら希美のことを気にかけている自分がいました。
希美の笑顔を見る度に嬉しくなると同時に心が苦しかったです。
笑っているのも怒っているのもとても可愛かったです。
今、僕が抱いている気持ちを伝えることはできません。










2人で作った思い出忘れません。









ほんとうにごめんね。









月島蛍
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

希美
希美
…ありがとう。
オオカミくんは1人だけ??