前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
261
2020/12/23 10:07

私は立川あなた
宮崎で看護師やってまーす(๑・̑◡・̑๑)

私が宮崎に来た時どれが勤務先の
病院か分からず

おどおどしてる私に

優しく声をかけてくれた

吉野□□さんいまでは

私が勤めている病院に

癌で入院中

あなた「□□さーん体調どうですか?」

□□「元気よー」

あなた「それは良かった(^^)」

□□「今日ね息子が帰ってくるの(^^)」

あなた「そーなんですか!
それはたのしみですね!」

□□「芸能活動してるんだけどね、
もぉ〜人気になっちゃってねぇ〜
あんまり帰省できないのよねぇ」

あなた「そーなんですか?
あ、採血しますね〜」

□□「あなたちゃんは好きな芸能人居ないのー?」

あなた「居ますよ!」

□□「誰?」

あなた「RAMPAGE」

□□「北人推しだっけ?」

あなた「うん!あと慎くんも!」

□□「そーだったわね笑笑」

あなた「北人くんが好きで宮崎きたんだもん。」

□□「それは初耳!」

あなた「□□さんわかるのぉ?笑笑」

□□「分かるわよー
一緒にライブ行ったじゃない!」

あなた「そーだった笑笑また来ますね!」

□□「うん頑張ってね〜」

あなた「頑張る!」

そしてお昼にご飯を持っていくと…

□□「1時くらいに着くって!」

あなた「そーなんですか!楽しみですねっ(^^)」

□□「あぁ早く来ないかしら」

あなた「ゆっくりご飯食べてたら来ますよ(^^)」

□□「そーね」

ご飯を患者さんに渡してナースステーションに戻り1時間ほどすると…

看護師1「今日ランペ の北人君来るんだって!」

あなた「えっ?!(ボソッ)」

看護師2「えーまじ?!なんで?」

看護師1「吉野□□さんの息子なんだって!」

看護師3「えーそーなんだ!
化粧直してこよ!」

看護師1、2「私もぉ!」

都愛「凄いねぇー有名人が来るとなると人格が変わる笑笑」

あなた「だね笑笑」

都愛「ほんとなのかな?」

あなた「んなわけないじゃん」

都愛「ほんとだったらあなたどんな反応するのかな笑笑」

あなた「あ、からかってる」

都愛「だって北ちゃんファンじゃん笑笑」

あなた「はい……」

都愛「あなた演技うまいから意外と平然装ってそ笑笑」

あなた「当たり前じゃん笑笑」

都愛「でもそうだったらさ
会う可能性高いよ笑笑」

あなた「なんで?」

□□「吉野さんの担当やし、
気に入られてるし仲良いじゃん笑笑」

あなた「あ、そーだった💦」

都愛「ははっ笑笑」

あなた「もー笑笑」

?「あの〜すみません」

あなた「え?あ、はい!」

?「吉野□□の息子の吉野北人なんですが…」

都愛「ほら…!(ボソッ)」

あなた「…」

都愛「はい!どうなさいましたか?」

北人「立川あなたさんっていますか?」

あなた「はい!ここにいます!

北人「あなたが立川さん!」

都愛「いやっ!私じゃなくてこっちです笑笑」

あなた「はっはい!なんですか?」

北人「母親に立川さんに連れて来てもらえと言われたので!」

あなた「あ、□□さんの病室ですか?」

北人「はい!」

あなた「ご案内しますよ(^^)」

北人「ありがとうございます!」

廊下を2人で歩く

北人「いつも母親がお世話になってます」

あなた「いえいえ!」

病室に着き

あなた「ここです(^^)」
「吉野さーん息子さんいらっしゃいましたよ(^^)」

□□「驚いた?」

あなた「うん…言ってよ!(ボソッ)」

□□「驚かせたかったのよ(^^)」

あなた「もー」

北人「元気?」

□□「うん」

北人「それは良かった(^^)」

あなた「またご飯取りに来ますね!」

北人「ありがとうござます(^^)」

あなた「いえ!失礼します」

)はーっ緊張したっ…

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

なかなか更新せずごめんなさいっ💦

違うケータイのメモにお話を書いてしまっていまして、写すのにかなり時間が笑笑初めてなのでむっちゃ下手くそです💦

いいね👍コメント📝待ってます♡あなたあなた

プリ小説オーディオドラマ