前の話
一覧へ
次の話

第3話

2話
221
2020/12/19 09:29
それから〇〇が病室から出ると…

□□「北人」

北人「ん?」

□□「あの立川さんね、北人のファンなのよっ」

北人「えっ?!そーなのっ?!」

□□「うん北人の事が好きで宮崎に来たんだからっ」

北人「そーなんだ!にしては落ち着いてない??」

□□「多分北人に迷惑になるから
落ち着かせてるんじゃないのかしらね〜笑笑本当優しいのよ立川さん。
こんな私にもね、友達として相談してくれたりね、昔付き合ってたひどーい男のことも」

北人「えーそんなに?」

□□「そーよ!最近の子は年寄りを、バカにしてるけど立川さんはね、
ちゃんと優しくしてくれてね(^^)
まぁたまにバカにして来るけどね笑」

北人「そーなんだ笑笑」

□□「あと一緒にホールツアー行った子よっ北人見てると幸せそうな顔してて嬉しかったの覚えてる」

北人「俺も嬉しいな笑笑」

その頃ナースステーションでは…

都愛「ほらっ」

〇〇「やばかったぁぁほぉーっ」

都愛「笑笑」

看護師長「立川さんごはん回収しに行くわよ」

〇〇「はぁいっ……」

そして順番に回収しに行き
吉野さんの部屋

〇〇「ふぅーっよし!失礼しまーす
吉野さん!ごはん回収しに来たよー」

□□「あっ〇〇ちゃん!ありがとう」

北人「ありがとうございます😊」

〇〇「いえ!」

□□「ねぇ〇〇ちゃん明日休みよね?

〇〇「うん」

□□「外出許可貰ったから何処かいかない?」

〇〇「行く!」

□□「どこいくぅ?」

〇〇「勤務終わったら来るから、
□□さんも考えてて!」

□□「了解っ
何時くらい?」

〇〇「5時くらいに終わるっちゃけー」

□□「うんまっちょく」

〇〇「じゃあまた後でね(^^)」

□□「うん!
じゃあ、失礼しましたっ」

ガラガラ_

北人「本当優しいんだね」

□□「でしょっ」

5時に仕事が終わり□□さんの病室に行くと2人が寝てた

北人「スースー💤」

□□「💤」

〇〇「寝てる」

北人「んふぁー(あくび)
あっ立川さん」

〇〇「おつかれ様です」

北人「立川さんこそ
おつかれです(^^)」

〇〇「寝てますね(^^)可愛い😍」

北人「あの…」

〇〇「??」

北人「ありがとうございます(^^)
母と仲良くしてくださって」

〇〇「いえいえ💦こちらこそ
宮崎で仲良い方が看護師の仲間と
□□さんしかいないので…」

北人「地元はどちらですか?」

〇〇「広島です!!」

北人「広島ですか!
いいとこですよね(^^)」

〇〇「はい!!美味しいものも沢山!
観光地も宮島とか、沢山ってあっ、」

北人「地元好きなんですね」

〇〇「はい笑笑」

北人「ランペ のファンなんですか?」

〇〇「えっと…」

北人「母親から聞いてます(^^)」

〇〇「はい……」

北人「母が初めてライブ来るとき正直不安だったんですけど看護師の友達と行くって行ってたので安心しました!
ありがとうございます😊」

〇〇「いえいえ💦私も初めてで不安だったので💦□□さんがいて安心しました(^^)って言っても慎くんファンの看護師の友達もいましたけど笑笑」

北人「俺が息子って知らなかったの?」

〇〇「知った時はびっくりしましたけど……」

北人「だよね!」

〇〇「はい笑笑」

□□「ぅ〜ん」

〇〇「あっ起こしちゃった?」

□□「来たなら起こしてヨォ」

〇〇「可愛い顔で寝てるんだもんお起せるわけないっちゃが」

□□「明日何処行く?」

〇〇「□□さんは?明日何処行く?」

□□「普通にショッピングしたい!

〇〇「吉野さんは?」

北人「あの…北人って言ってもらえますか?あんまり吉野さんって言われないから違和感が💦

〇〇「すみません!北人さんは?」

北人「ありがとうね😊
俺は母さんが行きたいとこなら何処でもいいよ」

〇〇「じゃあショッピングにする?

□□「うんありがとう😊」

〇〇「じゃ明日病室来るから待っててね(^^)」

□□「ありがとう😊」

北人「俺下まで送るよ」

〇〇「良いですよ(^^)お気になさらずっ

北人「いえ送ります。」

〇〇「でも」

□□「いいからっね?」

〇〇「じゃあお願いします
またね□□さんバイバイっ」

□□「またねっバイバイ!」

北人「行きましょう」

そして職員玄関まで送られ……

〇〇「ありがとうございました😊」

北人「いえいえ!あの…」

〇〇「??」

北人「下の名前で呼んで良いですか?」

〇〇「あっ全然大丈夫です(^^)」

北人「ありがとうございます😊」
じゃあまた明日!

〇〇「はい!また!失礼します(^^)」

次は短いです!

☆を2人の方から貰えて嬉しいです!!
1人の方にはフォローまで……
ありがとうございます!感謝です!

プリ小説オーディオドラマ