無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

959
2018/03/31

第9話

‎☺︎
それから私は…みんなが帰ってから,みんなが来る前にダンスの練習をしている
あなた

はぁ…ッ…はぁ…

あなた

やっぱり…ダンスきついなぁ..

なんてことを思いながら

あ,そろそろみんなが来る時間.練習辞めないと.








そう思った時だった…
ホソク
なに…してるの?
あなた

え?

ホソクオッパだった.今まで何も言わなかった…
ホソク
なんで…まだ練習時間じゃないのに練習してるの?
あなた

それは…ッ…

言ったらまた馬鹿にされるよね.

言う意味無いよね…
ホソク
僕は馬鹿にしないよ?
ほんとかな…言っていいのかな…
あなた

馬鹿に…しませんか?

ホソク
しないさ
あなた

昨日…オッパ達にダンスが下手だって言われて許せなかった.ついこないだまで褒めてくれたのに…

あなた

やっぱ,口だけなんだよ…みんなみんな

あなた

そうでしょ?オッパ

ホソク
俺はなんにも言ってないから違うだろ?
あなた

でも助けてくれなかったんなら同罪でしょ…

ホソク
聞いてくれる?あなた…
あなた

…なに?

ホソク
ナミが来てからみんなの様子が変わっただろ?
あなた

う、うん…

ホソク
俺らはあいつに脅されてる
あなた

…………………………は??え,はぁぁ??

ホソク
びっくりするよね…あなたが帰ったあと,俺ら呼ばれてさ…
ホソク
"  あの子のこと助けたかったら言いなりになってね  " って言われてさ…
あなた

それで…なってるの?

ホソク
俺は…そうしてる…でもナミもあなたもいなかった時聞いたんだ俺.ほんとにあなたがやったと思ってるのか…って
あなた

そしたら…なんて言ったの?

殴ってないだろ…そう言うよね?
ホソク
そしたら…殴ったのはほんとだろって…
あなた

…う…そッ…

ホソク
嘘じゃない…あの録音とか痣を見て嘘ではないと思ったんだろ…
あなた

しんじ…られな…いッ……

ホソク
でも俺は信じてない…痣がある所触られたりしてるとき…あいつニヤニヤニコニコしてるから…
あなた

そうだったんだ…ありがとう…オッパ

ホソク
今日ナミは来ない.だから俺は…あいつらに話をする
あなた

…なん…て…?

ホソク
お前らは馬鹿なのか…って早く気づいてやれよって…
あなた

でもそれ言って,オッパが信じてもらえなかったら…?

ホソク
そりゃあもう,あなたに頼むしかないなㅋ
あなた

え,なんだとぉお…笑

ホソク
まあ,信じてもらえるように説得するさ(^-^)
あなた

ありがとう…オッパ…

ホソク
あぁ…じゃあ俺入ってくるよ?
あなた

うん…!

こっそり…聞きに行こうかな…

みんながどれほど信じてくれてないかが…

わかるのかな…

よし…行こう…




















































































ホソク
みんな…ちょっといいか?