無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

二郎×三郎 内緒のカンケイ、、、、 1話





とある日の山田家
山田一郎
山田一郎
二郎❗三郎❗仕事行ってくるな‼️仲良く留守番してるんだぞ‼️今日の仕事は、長くなりそうだから夕飯2人で食べておいてくれ‼️じゃあ行ってきます‼️
山田二郎
山田二郎
行ってらっしゃい兄ちゃん‼️仕事頑張ってね‼️
山田三郎
山田三郎
いち兄留守中の事はご心配無く‼️お仕事頑張ってください‼️
山田一郎
山田一郎
おう‼️兄ちゃん頑張ってくるからな‼️
バタンッ
山田二郎
山田二郎
三郎、、、、わかってるな、、、、、、
山田三郎
山田三郎
もちろん、いち兄が帰ってくる前に全てを終わらせる。
山田二郎
山田二郎
じゃあ、掃除終わらせたら俺の部屋来いよ、、、、
山田三郎
山田三郎
わかってる、、、すぐ行く、、、、、、
山田二郎
山田二郎
(俺と二郎は、人には言えないカンケイを持ってしまった、、、、、)
山田三郎
山田三郎
(イケナイ事とは、もちろんわかっている、、、、、)
山田二郎
山田二郎
(でも、やめることができない、、、、)
山田三郎
山田三郎
(でも、やめることができない、、、、)
山田二郎
山田二郎
(これは、そんな俺達の日常だ、、、、)
山田三郎
山田三郎
(これは、そんな僕達の日常だ、、、、)













二郎の部屋、、、、、














山田三郎
山田三郎
コンコン
入るよじろ兄、、、、
(僕が二郎の事をじろ兄って言うのはこの時だけだ、、、、、)
山田二郎
山田二郎
おぉ、良いぞ、、、、
山田三郎
山田三郎
ガチャ
早くシよ💕
山田二郎
山田二郎
そうだな、、、(三郎が、こうやって甘えてくるのはこの時だけだ、、、、)





いつからこのカンケイをしているかなんて覚えていない
気づいた時にはこのカンケイを持っていた、、、、










山田三郎
山田三郎
んはっ💕じぉにぃ💕もっとぉ💕
山田二郎
山田二郎
チュッ、もっと奥に届くように突いてやるよ‼️
ズプンッ!!!!!!!!!
山田三郎
山田三郎
ひぎっ💕あっあっ💕、、カクカクカクッ💕、んひっ💕、、しゅごっ💕、、こわれりゅぅぅ💕
山田二郎
山田二郎
壊れても良いぜ、、三郎(耳元&吐息混じり)
山田三郎
山田三郎
ッ~~~//////////キュゥゥゥゥウウウウウウッ💕
山田二郎
山田二郎
クッ、、イクッ、、、ビュルルルルルルルルルルルルルッ
山田三郎
山田三郎
んひうっ💕、おくぅじぉにぃえいっぱっ💕あったかぁぃ💕きおひい💕
山田二郎
山田二郎
そうか、もっと要るか?
山田三郎
山田三郎
コクコク、もっとぉ💕ナカじぉにぃえいっぱっ💕して💕
山田二郎
山田二郎
ッ~~~//////////
本当お前かわいすぎッ//////////
山田三郎
山田三郎
さうぉぉかあいい?
山田二郎
山田二郎
あぁ、かわいいぞチュッ
山田三郎
山田三郎
んへへ💕うえひい💕








こんなことを(俺/僕)は、ずっと続けている。












山田三郎
山田三郎
ハァッ、、おい低能お前盛りすぎだ‼️
お陰で腰が痛い💥
山田二郎
山田二郎
ハァ💢お前がもっとって言うから俺はそれに付き合っただけだ‼️
山田三郎
山田三郎
だとしてももう少し手加減しろよ💢
山田二郎
山田二郎
へーへーわぁったわぁった
山田三郎
山田三郎
( ̄^ ̄)フンッ
あっ、いち兄帰ってくる前にご飯食べとかないといち兄に怒られる‼️
山田二郎
山田二郎
やべぇ、急げ‼️













この時は、あんなことが起こるなんてお互い思ってもいなかった、、、、、















あんなに嬉しくて辛いことが起こるなんて、、、、、




















続く、、、、
玲
え~、今回のお話は兄弟でセフレみたいな関係を持ってしまった山田家の弟達をベースに作ってます‼️たぶん三郎の気持ちを出すことが多くなるんじゃないかと思います‼️では、おつれい(^^)/~~~