無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

う"ぁわ"っ!?!?
あなた

な、何ここ?

静岡県にあるお兄の仕事場(HAP)…
いや、まさか普通の家だとは思わなかったし、
3階建だし
たなっち
じゃあ行こっかあなたちゃん
トマトクン
あ、足元注意してくださいね?
トマトクン
この前たなっch(ry
あなた

う"ぁわ"っ!?!?

ズデェェエン
と大きな音と共に階段から見事に落ちた。
お兄ちゃん
フラグ回収早すぎて草。
とか言いながら…お兄後で覚えとけまじで、
たなっち
もう、ドジだなぁ、はい。
そう言って差し伸ばしてくれたたなっちの手。
トマトクン
危ないので手繋ぎましょ?
そう言って差し伸ばしてくれたともかたさんの手。
私は目の前に差し出された2本の手を握って
ありがとうを言いながらはじめの一歩を踏み出した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まちゃこ。
まちゃこ。
どーもまちゃこ。と申します。 夢小説を主にオリジナル小説もたまには書こうと思うのでよろしくお願いします アイコンは火菓子さんに描いてもらいまし た。 #はじめしゃちょーの畑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る