無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

騒がしい人。
お兄ちゃんに一人で行けるよなと言われたもんなので
一人でもう片方の家に向かう。
あなた

…お邪魔しまーす(小声)

一応会社?事務所?的な所らしいので小声で音を立てずに入る
こんにちは!ドクタァァァァァアはじめだ!
あなた

あなた

…えっと、?

上から騒がしい声(と言っても一人の声)が聴こえてきて、
邪魔かな…
と思い階段の三段目に座る。
…っと…だ…か…?
声が聴こえる…
お…だ……で…?
私を呼ぶ声?
ねぇー?
あなた

…はい…?

あなた

って、すみません!?!

いつのまにか寝てしまっていたようで
なんか…イケメンなお方が。
…?!ん?え?!
はじめしゃちょー
あの、えっと、はじめです。
あなた

あ、っと、あなたって言います。

あなた

はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
あ、ナスの妹さんか!!
あなた

な、なす?…あ、お兄ちゃんですか?

あなた

はい…

そう言うとはじめさんはぎゅーっと私を包み込んで
はじめしゃちょー
めっちゃ可愛い…神…GOD…GOOD
とかつぶやきはじめた。
あなた

ちょ!?

はじめしゃちょー
あ、ごめんねw
はじめしゃちょー
ナスが言ってた通りの子でさぁ
あなた

でも、初対面にハグはきついっす。

はじめしゃちょー
さーせん
あなた

はじめしゃちょー
少しの沈黙の後私たちは同時に吹き出して握手をした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まちゃこ。
まちゃこ。
どーもまちゃこ。と申します。 夢小説を主にオリジナル小説もたまには書こうと思うのでよろしくお願いします アイコンは火菓子さんに描いてもらいまし た。 #はじめしゃちょーの畑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る