無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
今日はルナに
오빠たちを紹介する日


グク
グク
あなたー!
どっちの服がいいと思う?
あなた

え?いや別にどっちでも…
なに張り切ってるの?ww

グク
グク
だってそりゃあなたの友達だし
ちゃんとしとかないとね!
あなた

오빠達は?

グク
グク
誰ペンか聞いてからサプライズで
登場するって張り切ってましたw
あなた

…😅w

ピーンポーン


あなた

来た!はーい!

いらっしゃーい

ルナ
ルナ
お邪魔しま…えぇぇぇえぇ!!!!?


グッ…え?グク…?
グク
グク
こんにちは。
あなたの兄のジョングクです
あなた

오빠でーす
びっくりした?w

ルナ
ルナ
びっくりどころじゃないよ…え?
グク
グク
まぁとりあえずあがってあがって










ルナをリビングへ案内して
お茶を入れる。
グク
グク
armyなんだってね〜
誰ペンなのー?
ルナ
ルナ
あ、えっと///
あなた

ちょっと!오빠!
近いの!もうちょっと離れて!

ルナ
ルナ
ジミン…ペンです
グク
グク
おぉ〜、






ドンドンドンドンドンッ




오빠たちが廊下を走ってくる音がする。

ルナ
ルナ
え、、なんの音?


ばーんっ

勢いよく開いたドアには
ジミン오빠が立っていた。
ルナ
ルナ
きゃぁあぁぁっ!
ぇ、ジミン…?え、?
ちょっとあなた!どーなってんの?
ジミン
ジミン
いやぁ、ルナちゃん?だっけ?
可愛いね。美人さんだね。
そして趣味がいいねぇ
ユンギ
ユンギ
ばーか何言ってんだよ。
ルナ
ルナ
え、ゆんぎ!
あなた

あ、言ってなかったけど
ここBTSの宿舎だから。



ぞろぞろと入ってくるメンバーたちに
驚きが隠せない様子。


グク
グク
じゃあ、俺達は仕事行くから
また会おーねルナちゃん!

あなたちゃんと戸締りな!
頼んだぞー
あなた

行ってらっしゃい!

ホソク
ホソク
行ってくるね〜
ナムジュン
ナムジュン
行ってきます
ユンギ
ユンギ
行ってくる
テテ
テテ
じゃあね〜
ジミン
ジミン
いってきまーすっ
ジン
ジン
行ってきます!


1人ずつ私の頭をポンっと叩いて
家を出ていく。
ルナ
ルナ
〜〜〜〜〜〜!
あなた!ありがとおぉおぉ😭
あんた最高だね♥♥
あなた

よかったらいつでも遊びに来て!
あ、家事手伝ってくれたら嬉しいw

あと…このことは…

ルナ
ルナ
分かってるよ!
誰にも言わない!
あなた

ありがとw