無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
ルナ
ルナ
あ、やっと来た
あなた…!!!!???
電気の着いたかいに
来た瞬間私は目を疑った。




グク오빠の服装が
ドラキュラだったから。


それはもうクソかっこよくて。
そんなのにお姫様抱っこされてるって
考えただけでも死にそうなのに。
グク
グク
じゃーん!
ドラキュラになってみましたーえへw
あなた

え、、、////
ハロウィンじゃないよ?今

グク
グク
そうなんだけどさ〜
テヒョンが仮装したいって言うからw
ルナ
ルナ
めっっっっっちゃ
かっこいいです!
イケメンすぎて鼻血
出そうなぐらいです!
グク
グク
あはは笑ありがと
ルナ
ルナ
あ、もうみんな中で待ってますよ。
着替えて。w
グク
グク
え?!
あいつら裏切ったなぁ💢





それにしても、
私をこの長時間お姫様抱っこ
できるってすごくない?
まぁ重くはないけど、
ビクともしないなんて
カッコよすぎるってぇぇぇぇ
あなた

오빠、好き

グク
グク
いきなりだねww 
俺も好きだよ。


違う。오빠の好きと
私の好きは違うんだよ。


今思えば오빠が初恋だった。



でもこれを言ったら
私たちの関係は壊れちゃう…


妹ポジションで
好きとか愛してるとか
言ってくれるのも
まぁ嬉しいから
このままでもいっかw
あなた

うん、私お嫁行かない。
ずっと오빠といるー!

グク
グク
じゃあ오빠と結婚する?w
あなた

えっ!
でも兄妹だし

グク
グク
うそうそー、冗談!w

行こっかw



なんだ…冗談か…
ジミン
ジミン
おっ来たな〜!
お姫様抱っこってまじか。、
ホソク
ホソク
きゃーっ
グギ大胆〜
ジン
ジン
あなた!さっきは驚かせてごめん〜
ナムジュン
ナムジュン
お疲れ様ー
ユンギ
ユンギ
おかえりー
テテ
テテ
お疲れ様♥



















みんなが暖かく迎えてくれるのは
もう多分今日が最後。

大学合格発表まで
みんなは仕事がある。
合格してたら오빠に
渡されたお金で買える
アパートを探して
すぐ私は引っ越すつもりだ。
だからみんなと会えるのも
今日が多分最後。