無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
あなた

よーしっ買い物でも行くかな



がちゃっ






パシャパシャパシャ📷



『BTSと同居しているという女の子ですか?少しお話よろしいでしょうか?!』

『新聞社のものですが、インタビューいいですか?!』





玄関のドアを開けた途端目の前は
カメラのフラッシュで全く見えない。

それに…

BTSと同居…ってバレてる!?


ピロロロロン

あなた

오빠!


『ごめんな!何でかわかんないけど俺らが
あなたと一緒に宿舎で住んでることが
マスコミにバレちゃって…
今から帰るから家から出るなよ!』
あなた

今から帰るって

はっダメだダメだ!大変な時なのに
喜んじゃダメだ!あなたしっかりしろ!





ひとまずリビングで오빠の帰りを待つ



30分後ぐらいに
오빠が帰ってきた





グク
グク
あなた!
俺達は兄妹だって言おう。
母さん達のことも。全部説明しよう。
あなた

…うん。

『ジョングクさん!
そちらの女の子はどなたなんですか?』

『隠し子とも言われてますが?!』
グク
グク
この子は…俺の妹です。
ここに住んでいる理由は、
俺達の父と母はこの子が7歳の時に
他界しました。俺はその次の時に
BIGHITのオーディションに受かり、
デビューすることになりました。
8歳の妹を1人にすることは
到底出来ず、俺は宿舎で一緒に、
暮らせるようにメンバーたちに
お願いしました。
その日から妹はずっと家の家事全般を
毎日してくれて、8歳にして1日3食
しっかり、作れるようになりました。

『ヨジャarmyからは裏切られた。など批判がありますが?』
グク
グク
…すいませんでした!
今まで隠してたことは謝ります。
でも、両親が亡くなったのも
俺と妹が家族になったのも
全てBTSになる前です。
『armyが減ったらどうしますか?』
あなた

待ってください!
こんな小娘の存在が
わかっただけで
こんな大騒ぎするのも
バカバカしいんですけど。
言わせてもらいます

グク
グク
あなた…?
『え?』
あなた

妹の私のせいでarmyを辞めるなんて
ことが出来るのは本物のarmyじゃない!

私はこの先何があっても오빠の
妹じゃなくなるなんてことは
ないんだから、どーこー言ってても
しょうがないでしょーーーー!

『……』
あなた

あ、でも確かに私だったら
好きな人の隣に女の子がいるの
嫌かもしれません…

『爆笑』
グク
グク
あはははははっ、笑笑笑笑笑
『じゃあ妹さんは自分は悪くない。ということですね?』
あなた

当たり前じゃないですか。
私をグクの元に連れてきたのは
両親達です。それを私たちの
せいにされては困ります!

以上!さようなら!

グク
グク
ははっwww
じゃあ今日はこのくらいにして、
お帰りください。
その後のニュースでは。







『明らかになったBTSのメンバージョングクの妹の存在。army減少も予想されましたが、逆に妹さんのキャラからさらに好きになったなどコメントが寄せられています。コメントを1つずつ読んでいきたいと思います。
「グクの妹キャラ濃すぎ!wでもなんか
たくさん苦労してるっぽいし憎めないなぁ」
「俺あの子好きだなぁ。やっぱジョングクと血が繋がってる分可愛いしw」「お兄ちゃん思いのいい子じゃん!友達にいたら面白そうなキャラだね〜w」「顔も似てるけど優しい性格も似てるな〜」など。これはarmyがさらに増えるのではないでしょうか。

次のニュースです。』
あなた

よっよかったァァあぁ😭
私ちょっと言いすぎたかなって
思ってたから…

グク
グク
いや、よくやってくれたよw
社長も褒めてた。
あなた

ほんと?!
よかった、、、、

グク
グク
あなた?どうかした?
あなた

私ね、、
決めたことがあるの。
聞いてくれる??