無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11




1年後

大学受験当日

あなた

もーここで大丈夫だから!

グク
グク
でも〜、、、
テテ
テテ
大学まで送るよ〜
あなた

ダメ!ただでさえ7人も
いたら目立つのに
7人とも有名人なんだからね!
自覚して!

ユンギ
ユンギ
あなたの言う通りだよ。
あなたが大丈夫って
言ってるんだからもう行こうぜ
あなた

ユンギ
ユンギ
?なんだよ
あなた

ゆんぎ初めて私の名前呼んだねww

ホソク
ホソク
確かに〜
初めて聞いたかもw
グク
グク
こーら、無駄話は終わり!
あなた!頑張ってこいよ!
あなた

はぁい!
帰りはルナと一緒に宿舎帰るから!

ジン
ジン
美味しいもの用意して待ってるよ!
ナムジュン
ナムジュン
頑張ってな〜
ジミン
ジミン
帰ったら僕がご褒美あげるよ〜
ユンギ
ユンギ
頑張ってな
テテ
テテ
じゃーね、あなた!




私は7人と別れて試験会場へ
向かう。



ルナ
ルナ
あなた〜!
会場行く前にあったねw
あなた

ルナ!
帰ったら美味しいもん
用意して待ってるって
ジンニムが言ってた!

ルナ
ルナ
それは頑張らなきゃだね!
お互い試験頑張ろっ







会場について、試験が始まる。


心臓はドキドキの
バックバクだけど、


私は高校三年生になってから
毎日欠かさず勉強した。

ナムジュン오빠にも
勉強教えてもらった。

大丈夫。


私ならできる。













今回短くて申し訳ない…😭