無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
あなた

あーお腹すいた!
早くご飯食べよ!

グク
グク
そうだな。
俺も腹減った
ルナ
ルナ
ジンさんの手作り料理って
armyの間でも話題なんですよ〜!
だから今日食べられてめっちゃ
幸せです!!
ジン
ジン
…ルナちゃん天使
ジミン
ジミン
ちょっとー!ジンヒョン!
ルナちゃんは僕のファン
なんですからね!取らないでー
テテ
テテ
べつにジミナのじゃないからね。
ルナちゃんはルナちゃんだから。
ルナ
ルナ
〜〜っいただきます!
あなた

あははっ
ルナ照れてるww

ジミン
ジミン
え〜照れちゃったの?可愛いなぁ
ユンギ
ユンギ
そういえば、試験の出来はどうだったの?
ナムジュン
ナムジュン
あ、そーじゃん!
手応えは?
あなた

ん〜わかんないけど、
受かってるといいなぁぐらいww

ルナ
ルナ
私もー
ホソク
ホソク
ま、終わったことは忘れて
今日はとりあえず食べよ〜
 









食べて食べて食べまくって
その後はみんなで遊んだり
テレビ見たり、私は部屋で
오빠と話し合いをした。






グク
グク
で?どうするの?
アパートだいたい
目星つけとかないとじゃない?
あなた

うん。
そうだよね〜
今度不動産屋行ってくるよ!
오빠…本当にお金…

グク
グク
だから金の心配はしなくていいの!
家賃も払っといてやるから!
電話だよ!その代わり!
あなた

うん、ありがとう

グク
グク
一人暮らしなんて嫁に出すより
心配なんだからな。
あなた

いやお父さんか。






とか言いながら
心配してくれるのが
嬉しい。



私って本当に幸せ者だ。





あぁぁあぁ受かってるといいなぁ
















合格発表当日。