無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

125
2020/08/12

第3話

善逸にハグしてって言ってみた!
あなた
善逸!!
善逸
ん?なに?♡
あなた
ハグして!!!
善逸
ええええええええええええええええええええええええええええええ!
あなた
ちょと!善逸うるさい!
善逸
俺がこんな可愛い子ハグしていいのォォォォォォォォォォ!!ええっ嘘でしょ嘘すぎじゃない!
あなた
いいからハグして!
善逸
もう可愛すぎるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
あなたちゃーん♡♡〜おいで〜
あなた
善逸〜♡♡
善逸
ギュー
あなた
善逸暖かい!
あなた
大好き!!
善逸
あなたちゃん可愛ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ本当に俺でもいいのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ?
あなた
いいよ!あとあなたでいいよ
善逸
あなた!!
あなた
なぁに?
善逸
ちゅ〜したい!
あなた
えっ/////
善逸
ダメ?
主
はい結果キスしたいと言われる(あ、こう言う主の所も真似させていただきます)
善逸
ここで止めんなクソ主
主
そんなこと言っていいの?
善逸
いいよ!
主
この小説炭治郎に○○してみたにするよ?
善逸
ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃイイやぁァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ
主
じゃあなんて言えばいいと思う?
善逸
ごめんなさい!
主
許そうではないか
善逸
あなた!改めてちゅ〜したい!!
あなた
次回にしてね!
善逸
はい!







































































はい、こんな感じでしていこうと思います。