無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

220
2020/10/06

第4話

2
矢花sidi
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
ただいま
久しぶりに寺をでて実家に帰った。
まあ…挨拶なんて帰って来ないんだけどね…(苦笑)

俺の親は辻斬にあい亡くなった。
そいつを倒すべく1人でただ我武者羅に刀を
ふっているとあの人に声をかけられ
今、金大推寺にいる。
で俺は寺に泊まっている。
でも家はとっておいてる。
理由は刀をためているから。
ここにある刀は
俺が自分ではじめて手に入れた刀だったり
はじめてもらった刀だったりだ。
その中でも2つ並べて置いてある刀に用がある。
それは俺の父と母の刀、俺は実家に
帰れば必ず挨拶をする。
父の刀の前にはお酒を
母の刀の前には薬を置く。
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
久しぶり、
今回は何を話そうかな〜
一見誰もいないところに声をかける変なやつ。
でも2人はきっと…空で見守って
くれているはずだから
この声も聞こえているはずだから声をかける。
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
でさ〜
この時間はあいつらと馬鹿する時間とは
違う楽しさがある。
あいつらと一緒にいるときは楽しい…
っほんとに楽しい
でもこの時間はどんなことでも言える。
最近手にまめができたとかそんなくだらないことも
2人は優しく受け止めてくれている感じが
するから。
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
2人とも次これる日は
わかんないけど
絶対来るから!
俺の成長、見といてよ?
成長、してやるから