無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

196
2020/09/12

第5話

3
琳寧sidi
んと、実家には帰った。
おばさんにもあった。
あとは…
よしっ…終わった終わった
菅田琳寧(スゲタ リンネ)
菅田琳寧(スゲタ リンネ)
相変わらずきれいだなぁ…
実家から持ってきた布。
失敗作の布だ。と布売り場の人にもらい
今でもずっと大事に金庫に入れているもの。
透き通るように綺麗で少しでも力を入れて持ったら
破れてしまうんじゃないか?
というほど薄くて、柔らかい。
ビリッと乱雑に破かれたような跡に心が痛む。

これは10歳未満の頃この川原で布を眺めていたら
暴力集団に絡まれ布を守ろうとして
当然だけど自分は結構な怪我をして
まあ生きていられただけ良かったんどろうけも
それよりも布が破れていて布を守れなかったことに
辛くなって
そこでかっこよく暴力集団を成敗する侍を見て
どうやったら強くなれますか?って聞いた。
そしたら今りんねがいる寺の総合寺を
紹介されて今りんねはここにいる。

何も…誰も…大事なものは壊れるの、見たくない。
りんねは
菅田琳寧(スゲタ リンネ)
菅田琳寧(スゲタ リンネ)
りんね、もっと強くなりたい…