無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
193
2020/11/11

第11話

10
今野sidi
広間には4人の影。
大光はまだ起きてなくて
琳寧は大光を起こしに行ったきり戻ってこないしで
小石さんが流石に痺れを切らして
引っこ抜いてくる!とでも言うように
勢いよく立ち広間から出ていったから
広間には俺、嶺亜、克樹、矢花の4人だ。
俺達にはかなり似合わない静かな広間の原因は
眠さと僧侶がいない、ということだろう。
俺自身、1人も僧侶がいないっていうのは珍しくて
口が開かない。
いつもだったらすぐ持ってきてくれる朝食も
誰の机にも乗っていない。
異変を感じながらも誰も口にしないのは
どこからか感じる嫌な予感のせいだ。きっと…。
本髙克樹(モトタカ カツキ)
本髙克樹(モトタカ カツキ)
ねぇ…やばくない?
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
うん……。
中村嶺亜(ナカムラ レイア)
中村嶺亜(ナカムラ レイア)
こういう時に限って琳寧、
大光のとこだもんなぁ……
普段馬鹿ほどうるさい大光と琳寧がいない
そんなぎこちない3人の会話に
同情して何も言わずに頷けばまた無言の時間が
流れる。
そんな風に話題に困っていると足音が
聞こえてきた。
段々と足音が段々と大きくなっていき
近づいてきているそんなことを直感的に思う。
そしてついに襖を大きな音をたてて開ける誰か。
その誰かをゆっくりと見る。
僧侶 1
すみません!
突然ですが水里ミザト水美寺スミデラ
忍者が……攻めてきました!
7 MEN 侍
は?
(琳寧、大光以外)
綺麗に揃った疑問の言葉。
それもそうだ。
水美寺とは金大推寺と同じ総合寺から出来たもので
水美寺で修行する子らは俺らがこの寺に入った時と
同じ時期に水美寺に入った奴らだ。
それと忍者って言われてるけどちゃんと侍だ。
それも名前をつけたあの人っぽいや。
まあ、仲良くしている。
そんな奴らが攻めてきた?
そんな訳ないと信じたいけど
淡々と証拠を説明していく僧侶に信じたい気持ちは
なぜ?という苛立ちに変わっていく。
僧侶 1
以上のことから
考えたく無いですが
攻めてきていると
考えていいでしょう……。
本髙克樹(モトタカ カツキ)
本髙克樹(モトタカ カツキ)
攻めてきてるのをもう
確定にしても…なんで?
中村嶺亜(ナカムラ レイア)
中村嶺亜(ナカムラ レイア)
それが、1番の謎だよね……。
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
これも修行?
でも今はあの人じゃないしなぁ
今野大輝(コンノ タイキ)
今野大輝(コンノ タイキ)
あの人ならやりかねないね。
でも……本当になんで?
小石さん
みんな!
水美寺が攻めてきたって…!?
俺らが水美寺が攻めてきた謎について考えて
考えていると額から汗をたらして僧侶の後ろから
首を出してきた小石さん。
俺らは小石さんが焦っている、
そんな些細なことですら今は混乱へと気持ちは
うつり変わっていく。
本髙克樹(モトタカ カツキ)
本髙克樹(モトタカ カツキ)
と、とりあえず…さ?
戦闘準備しよ?
矢花黎(ヤバナ レイ)
矢花黎(ヤバナ レイ)
まぁ、それしかすることはないよね
こうなっちゃ悲鳴をあげる腹だって
暖かさを求めるように立ってきた鳥肌だって
全部がどうでも良くなる。
動きやすい浴衣に着替えて刀を手に取りと
皆が進める中でふと思い出した。
自分で言うのも変だが珍しく気合が入った
気がする。
その証拠に足は止まることをしらない。
後ろで皆が何か言ってたけどいいや。
今野大輝(コンノ タイキ)
今野大輝(コンノ タイキ)
琳寧、大光!
大光の部屋の襖を開ければ目に入ってきた光景は
あの琳寧があの大光が追い込まれて
いるところだった。
あの総勢30人はいるだろう忍者の8人が
一般人からしたら1人部屋にしては
広いだろう部屋にいる。
今野大輝(コンノ タイキ)
今野大輝(コンノ タイキ)
ぇ……?
菅田琳寧(スゲタ リンネ)
菅田琳寧(スゲタ リンネ)
こんぴぃ!
こっち、手伝って欲しい
佐々木大光(ササキ タイコウ)
佐々木大光(ササキ タイコウ)
流石に……っ8人相手は……はぁ…
骨が折れる……
琳寧は悠人と通陽、青木くん、黒田くんとに
俺の立つ襖に追いやられていて
大光は檜山と深田、安嶋とに畳に押し倒されてる。
そして俺の真正面にうっちーが刀の刃の反対の方を
舌で軽く舐める。
今野大輝(コンノ タイキ)
今野大輝(コンノ タイキ)
言われなくてもやるは

















,