無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

カラメルいちごぷりん
371
2021/08/22 07:17






田中「で、話って?」




松村「お前。京本のこと好きだろ。」





田中「、、、、へ?」





松村「、、、、え?」←そうなるよね





田中「な、え、へ、は?ど、どうして?」





松村「え?ちょ、待てよ。お前自覚ないのか?」





田中「いや、自覚はあるけども!なんでお前が知ってんの?!」





松村「なんでもなにもないだろ。誰が見ても分かるわあんなん。」





田中「いや、はぁ?まじ?俺そんな分かりやすい?」





松村「分かりやすい。」←だよね





田中「風磨にも瑞姫にも言われたもんなぁ、、、」





松村「ほらな?分かりやすい。」←





田中「分かったって。で?俺、きょものこと好きだけど。だから何?」





松村「お前は、あいつのどこが好きなんだ?」





田中「え、いや、どこって言われても、、、外見可愛い。内面可愛い。これ以外ある?」





松村「、、、、そうか。可愛いんだな。」





田中「うんうん。ってえ?!なに?!どういうこと?!」





松村「いや、実は、俺自身まだ京本に対して恋心を抱いていないように感じていて。京本のことが好きな田中からだったらなにか参考にできる感情があるんじゃないかと思ってな。」





田中「、、、ほう?」←理解してねぇな?





松村「でも、何も参考にならなかった。」





田中「はぁ?それは俺に失礼じゃね?」





松村「だが、お前と俺の抱く感情が同じだったんだ。参考になるはずがないだろ。」





田中「、、、、いや。充分参考になんじゃん」





松村「、、、、は?」




田中「きょもに抱く感情が俺と同じなんでしょ?それは、きょものことが好きな俺と同じ思考ってことだろ?じゃあ?お前はどうなの?」





松村「、、、、俺も京本のことが好き?」





田中「そう。お前ちゃんときょものこと好きだよ。」





松村「でも、あいつ手がかかるし考えてることも行動もよく分かんねぇし。俺には未知の生物すぎてどうも、、、」





田中「でも、可愛いって思うんだろ?それは恋だよ。好きになっちゃってんだよ。」





松村「、、、、そうか。俺はちゃんとあいつのこと好きなのか。」





田中「ぁあぁぁあぁあぁぁ!!!何してんだよ俺!!なんでライバル増やしてんだよ!!!そして恋ちょっと応援したんだよ!!!」←





松村「なあ、田中。」





田中「なに!!!!」





松村「ライバル同士になるわけだが、俺は京本の友達であるお前と険悪な関係になったらあいつが困るし悲しむと思う。」





田中「そうだな。そしてきょもの困り、悲しんでる顔は見たくない。」





松村「ということで、少し仲良く争わないか?」←どういうこっちゃ





田中「、、、、いいよ。←理解した上での承諾?



で、何すんの」←やっぱり田中は田中だった





松村「京本について語り合う?」←若干キモイよ?





田中「賛成」←あーあ。







そして俺たちは時間の許す限り京本大我の可愛いところ。好きなところを語りまくった。←